ROZIE

ロージーで学べる
デジタルマーケティングのスキル

「あなた」がこのページを読んでいるということは、つまり、

  • ◎ ITの分野に興味があり
  • ◎ 将来Webの世界で食べていこうと考えていて
  • ◎ そのための就職先を探している方

なのだと思います。

そして、もしあなたが

  • ◎ Webマーケティングのスキルを集中的に獲得できる職場で
  • ◎ (実績さえ積めば)事業運営まで任されることが可能で
  • ◎ 成果報酬制度があり、年収1000万円以上も可能な《ITベンチャー企業》

を探しているのだとしたら、
株式会社ロージーはその期待を裏切らないと思います。
(この原稿製作者も年収1000万近くまで行きました。他にも1名1000万円プレーヤーがおります)

逆に言えば「現状維持を望んで、安定的な報酬をのんびりと甘受したい方」にとっては不向きな会社なのかもしれません。
安定はしてますが、成果が給与に強く反映されるのでそれほど年収は上がらないというわけです。(※事務職などを除く)

■ 株式会社ロージーの事業って、そもそも何?

株式会社ロージーの事業形態もまた「成果報酬」のWebマーケティングを基本としています。自社運営サイトからの「アフィリエイト収益」が売上げの80%以上を占めます。(その他、一括査定サイトなどの運用や、Webコンサルティングなどがあります)

アフィリエイトとは、結局のところ「広告」の一種です。

大手企業がWeb上に出したい広告や情報サービスを、個人や法人が大手企業に代わって行い、「企業の公式サイトでは書けない情報や、書ききれない良質な情報」をWebサイトにすることで成果報酬を得ています(これをロージーでは「ライフスタイル情報サービス」と読んでいます)。
中には消費者を騙すような口コミサイトを作ったりする人もいて、世間一般でアフィリエイトに対する悪いイメージを抱く人がいることも事実です。
しかし、そのような「くだらない金儲け」をしても、必ず失敗するので意味がありません。「消費者の本当に役に立つ情報、クライアントがよろこぶ成果だけ」を追求しているからこそ、株式会社ロージーは六本木ヒルズの一角にオフィスを構えるまでの企業になりました。
たとえば、皆さんもご存知の「価格ドットコム」。あれもまたアフィリエイトサイトです。その他、ロージーでは「フロアコーティングの一括見積りサイトの運用」も行っていますが、これは「カーセンサー」や「SUMO」などの情報サイトをイメージしていただくとわかりやすいと思います。

フロアコーティング一括見積り.com  http://www.floorcoating8.com/

つまり、株式会社ロージーでみっちりとスキルを習得すれば、日本国内でもトップクラスのアフィリエイターになることも不可能ではありません。そして、その後は、独立開業も可能(企業した社員も数人おります)。独立開業までしなくとも、さらに高みを目指したステップアップ転職にも有利です。やる気と努力さえあれば、社内の重要なポストに就くことも可能です。

■ ロージーで学べるWebマーケティングとは?

「マーケティング」の定義は人それぞれですが、とりあえず「モノやサービスを売るための市場活動のすべて」がマーケティングだとすると、それをWebサイトやスマホアプリなどで行うのが「Webマーケティング」だと言えます。
株式会社ロージーの強みは、自社運営のWebサイトを使ったWebマーケティング。さらに詳しく解説するなら、

  • GoogleやYahoo!の「検索結果ページ上位」に自社のサイトを表示させること
  • そこからクリックして閲覧してくれた人に、より上質な情報やサービスを提供すること
  • 申し込みまでの導線に様々なチューニングを施したりして、申し込み(コンバージョン)を最大化すること

を最も得意としています。

■ 「検索結果1ページめ」に自社サイトを表示させるメリット

「検索結果の1ページめに自社サイトを表示させること」のメリットは計り知れません。
それは、秋葉原の大通りに面したビルの1階にPCショップやホビーショップを開くようなものです。渋谷109のビル内でブランドショップを経営するようなものです。巣鴨の地蔵通り商店街に、シニア向けのお店を出せるようなものです。それも、SEOに成功すれば「0円」で出店可能です。
つまり、「検索結果の1ページめ」というのは、インターネットの世界で言うところの「一等地」。その場所では大勢の人が「その場所ならではの目的」で動き回り、たくさんの消費活動をしてくれます。その地の利を獲得することがポイントです。

たとえば「ダイソン v10 最安値」という検索キーワードがあるとします。このキーワードで検索する人のアタマには、すでに「ダイソンv10の掃除機を1円でも安く買うこと」しかありません。検索結果ページは以下の通りですが、この場所で商売している人(会社)はすべてダイソン掃除機の販売に関与しています。検索数は少ないですが、かならず収益につながるのでライバルの多いキーワードです。そして、この検索結果ページを見た人の「かなりの割合の人」が、この検索結果1ページめのどれかのページを開いて、その場で購入ボタンをポチっとしてくれているはずです。つまりこの検索結果1ページめでは、ダイソン掃除機が、飛ぶように売れてます。これが「検索結果の1ページめに自社サイトを表示させること」のメリットであり、Webマーケティングの基本であり、王道であると言っていいと思います。そして株式会社ロージーの、もっとも得意とする分野です。

■ 検索1ページめに表示させる方法(1)SEOとは?

では、どのようにして株式会社ロージーは、自分たちの望んだキーワードの検索結果ページの上位(1ページめ)に自社サイトを掲載させているのでしょう?
方法は大きく分けて2つあります。その1つがSEO(”Search Engine Optimization”)つまり、「Googleが検索結果の1ページめに相応しい」と判断するようなサイトを作り上げることです。日本語では「検索エンジンの最適化」と呼ばれます。「SEO対策」を掲げる業者は星の数ほども存在しますが、他社のサイトのSEOを行って、そのクライアントから報酬をもらっている業者は力量が足りないと言わざるを得ません。なぜなら、本当にSEOの実力があるのなら、自社サイトを「CVキーワード(儲かるキーワード)」で上位化するはずだからです。ただし、収益がたくさん上がるキーワードは、「申し込み率が高くて」「検索数が多いビッグワード」なので、ライバルが多いです。数百、数千と存在するライバルたちと競い合って、わずか10席しかない「検索結果1ページめの指定席」を確保するSEOのスキル。それが株式会社ロージーで学べるWebマーケティングのスキル(その1)です。
右記は、これまでに株式会社ロージーの獲得したビッグワードSEOの順位の実績です。GoogleやYahoo!の検索結果の順位は日々変わるので、現在はすでにこの位置にいないものもありますが、アフィリエイト業界、SEOの世界で株式会社ロージーの実績は充分に認知されています。特に2018年は絶好調ですので、すでに「追われる立場」です。

▼SEOを習得することのメリット

  • ・社内で成果を上げ続ければ、重要なサイトを任され、インセンティブ(成果報酬制度)の対象になる。年収がハネ上がる
  • ・Webコンサルタントになれる(必須なスキルだが、できる人は少ない)
  • ・将来、独立開業できる(会社員の数倍~数十倍の収入を得られる可能性もある)
  • ・転職に有利

▼SEOで実績を上げることに適した人

  • ・地アタマがよく、研究者タイプ(Googleアルゴリズムの研究者とも言えます)
  • ・ユーザー(閲覧者)の興味感心への意識が高い、編集長タイプ
  • ・観察力と、直感と、行動力がある、FBI捜査官タイプ
  • ・状況変化への対応ができる、柔軟で客観的な考え方の持ち主
  • ・文章や図や写真で説明することが得意
  • ・他社の情報、新しい方法論などに敏感
  • ・ねばり強い(成果が出るまで最速で半年かかります)
  • ・のし上がろう、成功しようというモチベーションの強い人

■ 検索1ページめに表示する方法(2)リスティング広告とは?

SEOで収益の上がるビッグワードを獲得することは困難な道のりです。そのため、GoogleでもYahoo!でも「お金を払えば検索結果の1ページめ」に自社へのリンクを貼らせてもらえる制度があります。それが「リスティング広告」です。
しかし、収益の上がるキーワードであればあるほど、より多くの人が検索するキーワードであればあるほど、皆がその場所へ自社リンクを貼りたいと思うのは当然のこと。なので、この「リスティング広告」への出稿料金は、公共工事の受注競争と同じように(あるいはオークションのように)「1クリックあたり幾ら支払えるか」の入札制度が取り入れられています。
以下は「ダイソン掃除機」に関するキーワードの「Googleリスティング広告」の推奨入札単価を表したものです。(Googleの専用ツールですぐに出てきます) ※ロージーは掃除機を売っているわけではありません。あくまでも「例」です。

成約に結びつくキーワードの検索ページの1ページめ(特にいちばん上)に、1円でも安く自社リンク(広告)を貼りたいと思うのであれば、推奨入札単価が低くて、月間検索数が多く、競合性は高めのもの(あるいはあえて低いもの)を選ぶのが「セオリー」です。すると「ジャパネット ダイソン」のキーワードの検索ページに、1クリックあたり369円で入札することが、まず考えられます。しかし実際に「ジャパネット ダイソン」で検索してみても、ジャパネットの公式サイトしか広告は張り出されておりませんでした。すると、「ユーザーは結局ジャパネットでしか買わないからではないか?」「ジャパネットより安い価格で売ることが困難だからではないか?」という仮説が立てられます。
…と、このように、自社サイトのリンクを張り出すべきキーワードを見つけて、このような仮説と検証を何度も繰り返し、

広告出稿費用(投資額)< 収益(回収額)

が最大となるまでチューニングを何度も行い、その「投資回収率(利回り)」の高いキーワードに的を絞ってその差益を収益とします。
チューニング作業は、キーワードの選別だけではありません。以下は「ダイソン ジャパネット」に実際に出稿されているジャパネットのリスティング広告文ですが、この広告文を数文字変えただけで、クリックされる確率や、成約する確率がいきなりUPしたりするので(つまり利回りが上がるので)、この文言も施行錯誤します。

さらには、この広告(自社サイトへのリンク)をクリックして飛んだ先の着地ページ(ランディングページ)のクォリティも大事です。
この広告をクリックするのは、ほぼ「ダイソン掃除機をジャパネットで買おうとしてる人」であり、さらに「今だけの大幅値引き」を期待してる人なので、飛んだ先のページが、ただのジャパネット公式サイトのTOPページだったり、値引きについて一言も触れられてなかったりしたら、閲覧者はガッカリ。すぐに直帰してしまうことも考えられます(回収率がぐんと下がります)。

これは上記の広告をクリックした先のランディングページ(LPと略されます)の冒頭の画像ですが、さすがジャパネットさんですね。ぬかりなく成約に結びつきそうな内容が目に飛び込んできます。その場で「ポチ」ですね。
このように、いわば投資のように回収率を綿密に計算した出稿計画を立て、優秀な販促チラシのようなランディングページを製作して、収益を最大化すること。その技術。それが株式会社ロージーで学べるWebマーケティングのスキル(その2)です。

リスティング広告の運用で会社組織を支えようとするならば、少なくとも数千万円~億単位の投資額が必要となります。そのような巨額の投資運用をできる会社…。いえ、「運用させてくれる会社」は多くはありません。
株式会社ロージーに入社して、リスティング広告運用で実績をあげていけば、それこそ億単位の金額を操作することになります。そしてそのような実績を持っている人材は希少なので、企業としても喉から手が出るほど欲しい人材です。やる気さえあれば、そのチャンスが、あなたにはあります。

▼リスティング広告スキルを習得することのメリット

  • そもそも実地で習得できる企業が少ない
  • 社内で成果を上げ続ければ、重要なサイトを任され、インセンティブ(成果報酬制度)の対象になる。年収がハネ上がる
  • Webコンサルタントになれる(必須なスキルだが、できる人は少ない)
  • 転職に有利

▼リスティング広告で実績を上げることに適した人

  • ・数字に強い
  • ・地道な計測からヒントを見つけ出すのが得意
  • ・キーワードの持つ意味、検索者の意図に敏感
  • ・チラシ作りが得意。ダイレクトレスポンス広告の達人
  • ・投資、投機への意欲と関心。精神的な強さを持つ人
  • ・企業の中でステップアップへの意欲の強い人

■ 最後に(今後のロージーの方向性)

インターネットを使って収益を上げようとする手法は、もちろんこれだけではありません。

  • ・たとえばYoutubeを使った動画配信(と広告収入)
  • ・たとえばスマホアプリやゲームを製作して課金収入を得る方法
  • ・たとえばFacebook広告を出す方法
  • ・ツイッターを使った手法

などなど…、数え上げればキリがありません。
しかし、株式会社ロージーは、まずこの2つの得意分野、成功体験をたくさん抱えた、今後も続いていくであろう王道の手法でさらに運営の拡大と安定を図り、そのうえで新たな事業に乗り出すつもりです。このページのタイトルを「ロージーで学べるWebマーケティングのスキル」とせずに「ロージーで学べるデジタルマーケティングのスキル」としたのは、今後の拡大路線の可能性が無限であるからです。もしかしたらダイソン掃除機の通販を始める可能性だってゼロではありません(笑)
株式会社ロージーで学べるデジタルマーケティングのスキルは、必ずや「その3」「その4」と増え続けていきます。それらのスキル習得までの期間と、その到達目標の高さ、そして年収への反映度合いでは、株式会社ロージーは、あまたのITベンチャー企業の中でもひけをとりません。

ご応募、お待ちしています。

すべては《あなた》の「やる気」次第です。

CONTACT

お問合わせ